声優イベント参加しました


今週は忙しい週間ですね(汗

毎日お茶会+お茶会+仕事+バイト+イベント…長く寝たいわ。

多分来週は一段落と思う。

絵描きたい!ゲームをやりたい!小説を読みたい!寝たい!

まぁ、話題を戻ります。
今日はイベントがあって、声優イベントを参加しました\(^o^)/

銀河機攻隊 マジェスティックプリンスの宣伝イベント。

20130317-1.jpg

ゲストさんは浅沼晋太郎さんと鈴木千尋さんです。

浅沼さんは遊戯王5D’sのクロウ中の人だから+沢山ハーレム系アニメの主人公役
鈴木さんは…人気声優さんですねw

もちろん写真はないw

最初は普通てアニメを紹介、機体の紹介、

紹介後のトークショーは面白い、当然黄色い声援は沢山、
男性な自分はその中にいるのはちょっと恥ずかしいデス。

最も思い深いなことは…
浅沼さん:ジャッキー・チェンいますか?
女性たちはみんな手をあけ
浅沼さん:嘘を言え!!ww

こんな普通なツッコミです(茶

声優のサインありですが、5名様=無理、
当然当たらない…残念ですね(ちぇw

イベント内は他なもの沢山ありますが、
欲しいなものは…

20130317-2.jpg

最近携帯変えました、だから意外と興奮なものをゲットだぜ!

もう…

疲れた…以上ですヾ(゚Д゚ )ォィォィ
スポンサーサイト

| ちとせの匣ホーム |

コメント

正統派大和撫子いとこンニャクを投稿したので

正統派大和撫子いとこンニャクの第6話を空理空論のホームページに投稿しました
のーまっ堂で感想を聞けることを楽しみにしています

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

久しぶりに空理空論のホームページに私の自作小説を投稿しました!!
投稿した私の自作小説は正統派大和撫子いとこンニャクです!!
第8話です!!
ですから正統派大和撫子いとこンニャクの第8話を見たら第7話も見たというのもセットでサインの方お願いします!!
サインはこのブログではなく“のーまっ堂”でお願いします!!
私は岡山から“のーまっ堂”にて正統派大和撫子いとこンニャクの第8話はもちろん第7話も見たというサインをしてくれることを楽しみにしています

コメ返

小説を読みました、今回もなかなか面白いな展開ですね。

ちょっと少し意見です、あくまの意見です
第7回はランファ回です、もし最初ランファのヴォイス・メッセージをレポート式に変わって

研修レポート○回目、ランファから研修者右京への観察

まずはランファから右京への“現在”の気持ちを入れるといいと思う
“右京は熱血過ぎ”、“ちとせより真面目過ぎ”

あとは今回のテーマ
“こんなに熱血な右京が人を好きになるとどんな顔なの?”
このテーマを読者に考えると、続きは気になるな作用がある。
その後はメインシナリオに普通に展開

メインシナリオ

普通の人には自分好きな人あんまり他人に知りたくないと思う、
それに右京はランファ達がちとせをいじめると勘違ってしました、
好感度は多分マイナスと思う、こんなプライベートな話しを言わせないじゃない?
ここはランファが方法を考え、右京に自分で話せるといい。

昔話し

右京の思いとランファの応援やる気と対比
e.g.右京“今の彼は恋人あるのか、わからない、自分のこと好きなのか、わからない”
ランファ“最初から何も知ってる人はない、告白しないと何も始まらない、
例え知っても告白しないと同じく何も変わらない” こんな感じ
一点一点ランファが説得し、最後はその告白シーン

この方がランファと右京の変化を見えます、ランファ“こんな不器用+乙女風な右京もいるんた”、
右京“ランファは友たち思いな人ですね、ちとせをいじめるな人じゃない、友たちになった”このような変化

最後はランファの総結、
“研修者右京
一見完璧天才暑苦しいですが、実は完璧じゃない、自分たちと同じ”上司へのレポートみたいなコメント

レポートあとランファ自身の思い
右京もこんな顔あるんだ、秘密公有しました、もちろんこれは乙女の秘密
レポートには書かない”
のような、“今”のランファが右京への感情変化

以上はあくま自分の意見です、上手く言えませんか、いいシナリオです、
一回を見ると、以上のイメージを脳にあわられました、
もっと詳しく書くともう一度見せてくださいね。

第8回はあとで書きます、お暇なときここのコメントに見てください。

Re: タイトルなし

第8回のミント回、ちょっと意見ですね。

先ずは文章は連続過ぎ、一段落な位置に開いた方が見やすい。

ミントはテレパシーですね、アニメにはテレパシーなしです。
ここはカメ大王さんの設定は多分アニメです、でもミントの着ぐるみは秘密、
右京さんが“着ぐるみを販売している惑星に案内”とは前提としてミントと右京は知り合い程度

それともし惑星レベルにはミントが知らないはずはない、右京地元の店には納得可能、
紋章機を使うには他のメンバー気付かないとは難しい。
それに女性には店一つで4時間使うことできます(汗

ご意見ですが
①右京がミントの編み物からそれは着ぐるみと見切りました→流れでミントは誤魔化す→着ぐるみの店へ
②良質な素材を売ってるな店、これで話しを納得ですね、ミントの着ぐるみは秘密のまま→良質な素材の店へ
→秘密は後半に共有化

こんなような流れで普通に違和感なく右京とミントの関係を上げることできると思う

後半はちょっとシリアスな展開で、戻ったあと、
エンジェルルームに“みんながいる”ことイメージ的見えません、
“エンジェルルーム入るとみんな怒ってるな顔で右京たちに見つめる”説明し
周りの空気の重さを読者に伝えます。

ちとせは多分怒るより心配の方
後はフォルテが言う方がいい、一応上司です
続きはミルフィー、ランファ
最後はヴァニラ

フォルテが軍事風で言う、この事態の厳重性を言って
e.g.自由風のエンジェル隊とは言え、立派な軍人です、連絡なく出るとは、もし敵があると大事です
ミルフィーはちとせと同じく連絡できないから心配そうな顔

ランファは元々のセリフこれはいい“つまで経ってもアンタは片思いの恋する乙女のままよ…”
前の回を思い出されで、もでちょっと他人の秘密を分かりやすいと言うのは…
セリフをちょっと隠しな感じで言って方が良い、前回のあのシーンいるのはランファとちとせですから

最後はヴァニラから原因を聞く、冷静なキャラミントがないのでヴァニラでバランスを取る

原文を見て、エンジェル隊をホントに右京をいじめする風が重い
これでエンジェル隊をちとせいじめるな仮説は右京の立場で見ると成立です

ここで上の①の続きとは…
右京がフォルテに秘密に伝えで→フォルテ命令で言え

ミントが言う前に右京が“素材”を探すと言って他には“言わない”

ミントが口挟んで謝って右京をかばう

ミントが右京の見切りの力を凄いと話をそらす
(ミントの未完成な編み物を着ぬぐるみにはわかった)

他のメンバー達話をそらすことわからないフリし、ミルフィーの料理へ

これで右京がミントの好感度上げるなイメージ

②の展開は上と同じくらい
ミントが口挟んで謝って右京をかばうな時

右京先に謝る(全部自分の責任です、軍人を甘く見ました

ミントからも請求(研修中右京のミスを指導できないのは自分も謝ります)

フォルテ(無事でよかった、右京は始末書、ミントは研修レポート

右京始末書書くときミントに言う、着ぐるみの件は秘密します
(店にミント楽しすぎ思わず口から言いました“これで沢山な着ぐるみを作れます”)

ミントのレポート(右京への感想)

書く時、自分はこんな性格な時はとう?この流れは他人の目で自然ですか?わかるですか?
話しの高い処を決めて、ゆっくり進んてのは読者を見やすいし、イメージ固まってますよ、
これは大事と思う、書き終わって、キャラ達の関係をもう一回考えて、多分もっと面白いな小説を書けますよ。

Re: Re: タイトルなし

当然以上は自分の意見です、シナリオはご自分の好きのように書いてください、
どんな高嶺を欲しい、それを理論的進んて、読者をあなたのイメージを見えるのうに、
これからの進歩を楽しみますよ。

自作小説を例のサイトに投稿完了

あなた様のお楽しみである正統派大和撫子いとこンニャクの第9話を空理空論のホームページに投稿しました
のーまっ堂にはこの話を見たというサインを何卒よろしくお願いします!!(ペコリ)
またこのコーナーには是非とも正統派大和撫子いとこンニャクの第9話の感想をお寄せ下さい
私も毎日のように確認したいと思っています
話は変わりますが正統派大和撫子いとこンニャクも次回で話数が最初の節目で大台に乗ります!!
その記念でもあってかあなた様のお楽しみである右京とちとせが2人っきりで交流する話にしたいと思っています
ちとせのヴォイスメッセージとセットで楽しみにしていて下さい!!

Re: 自作小説を例のサイトに投稿完了

はい、最新話見ました。
セリフを見ると、誰なのはハッキリわかります、
キャラの性格と合うセリフ、それはキャラを熟知しないと書かないです。
最新話は対話を見るとそのままイメージできるね、GJ。
起と承はアニメ風、いいです。

読み終わると、以下の疑問がありますが
その惑星は何で大量な銃があるの?
ランファたちの問題は?リーダーで解決するな問題はちょっと気になります。
この事件で右京はフォルデの評価はマイナス?それともランファ達の事件を解決評価上がり?

転はランファの事件わからないですから、高潮を疑問に変更しました
結も同じく、右京←→フォルテお互いの関係は変わった?

以上の疑問をわかると完成度高く上がると思う、
補完ありますか?あとの展開も気になるね。

上はあくまで自分の意見です。
気楽に書きましょう、応援します。

自作小説を例のサイトに投稿完了

空理空論のホームページに正統派大和撫子いとこンニャクの第10話を投稿しました
このコーナーに感想が聞かれることを願っています
またヴォイス・メッセージの感想もどうぞお寄せ下さい
私も岡山で返信してくれる時を心から楽しみにしています

Re: 自作小説を例のサイトに投稿完了

今回は普通にいいですね、流れは自然で、
ただアニメ版のちとせあんまり詳しくないですが、
小説を見た感じはちょっと甘えん坊な子供を感じました。
最初は神社を行くと多分ちとせをエンジェル隊にイジメしないようにを願うですね。

自作小説を例のサイトに投稿完了

空理空論のホームページに正統派大和撫子いとこンニャクの第11話を投稿しました!!
このコーナーに返事をしてくれることを岡山で楽しみにしています
話は変わりますが正統派大和撫子いとこンニャクの第12話はエンジェル隊は…というタイトルにするかも知れませんしちとせも含めたエンジェル隊が野球をするメンバーとなるべく新キャラが3人登場する話になるかもしれません
とにかく正統派大和撫子いとこンニャクの第12話も楽しみにしていただけたらと思います

Re: 自作小説を例のサイトに投稿完了

今回は文章的完整ですね、でも一つのミスです。
野球の知識基本あるですが、でも試合の過程がわからない。
メインストーリーより多い+詳しい?
自分の脳内イメージ試合の流れを見えません、
それと、この試合の中でヴァニラに見せる処はなに?

多分ストーリーの最高潮はこの試合、
でももし、その最高潮を右京とヴァニラとの交流に変更すると、どうなの?
それと最後メインのちとせイジメを間違う問題は薄く、もう一度研修の目的言うといい、
連続見ないと忘れるのもある、中段もあんまり言ってませんし。
右京はそのイジメは勘違いしました、
でもミルフィーの強運でまたこれはイジメに再び勘違いしました
ここはもっと詳しく書くべきです。

自作小説を例のサイトにて昨日から今日にかけての頃に作成して投稿完了

昨日から今日にかけて空理空論のホームページに正統派大和撫子いとこンニャクの第12話を作成しエンジェル隊は7人もいらないというサブタイトルで投稿しました
一度は投稿する際に確認のレビューが出てブラウザの戻るのボタンを押せば(文章などを)修正出来ると思いましたがダメだったので心機一転ヴォイスメッセージを担当するキャラクターなどを替えて再度作り直して投稿しました!!
次回は作者である私からの予告通り○エンジェル隊というサブタイトルで正統派大和撫子いとこンニャクの第13話を投稿予定です
楽しみにしていて下さい!!
話は変わりますがここでモジってセリフや生かしてセリフなどについて解説します
まず右京がこの話ではエンジェルルームでは姿を現す前の段階でしかもちとせも除外したエンジェル隊のメンバー同士の間で
「どういうことなの×××」
と話をつけようとするメンバーがいます
これは生かしてセリフです
2005年から2006年にかけて放映されていたレンジャー系の(魔法戦隊)マジレンジャーにてマジレンジャーと正々堂々と戦うことを望む敵役であるウルザード(名前の由来はウィザードから?、正体はマジレンジャーのメンバー全員の実のお父様)がお互いに巨大化するようなカタチで騎士の戦いにふさわしいといえるような戦闘を行います
それを見てマジレンジャーと戦っている敵役がやっつけられそうな展開になりかねないと見兼ねて第3者で裏切り者であるマジレンジャーの敵役のナンバー2の第2号であるメイミィ(ナンバーワンは第2話から名前が挙がるラスボス)がマジレンジャーを戦闘不能にするかのごとく卑怯な手を使います
もちろんマジレンジャーは一時的には戦闘不能に陥ります
それを見兼ねたウルザードが魔法を唱えてマジレンジャーを戦闘不能な状態から元通りの状態に戻します
さらにその光景を見て嫌気が差したメイミィはウルザードに対して何のマネってな感じでちょっと脅しをかけるように話をつけます
するとウルザードは
「メイミィ。お前のしたことは騎士の戦いに水を差す愚劣な行為」
などといったセリフを言い残しました
ちなみにウルザードのメイミィの後に続く言葉として「お前のしたことは(以下省略)」と続くセリフは何度も自ら録画したビデオを何度も見返して面白みを感じるようになりました
でもそのセリフ以上に印象的なセリフがあったのです
それがウルザードが敵地に戻ったことを察知したメイミィの
「どういうことなのウルザード」
というセリフでした!!
「どういうことなのウルザード」
のモジってセリフは(週刊)チャンピオンの漫画家にもウケが良かった印象があったのでちとせ以外のエンジェル隊のメンバー同士の間で
「どういうことなの×××」
というセリフを交えたと思っていただけたら幸いです
で本編ではところ変わって河原町家の屋敷と右京の様子をルポします
河原町家の現当主の部屋にお邪魔した右京は河原町家の現当主で彼女のお父様でもあるオリキャラから
「何故お前は<エンジェル隊は7人もいらない>という賛成なのじゃ」
と賛成する理由について理由を問いただします
これはモジってセリフです
スイートプリキュア♪にてメロディ&リズムなど(彼女達も含めて全員プリキュア)のラスボスに忠実な敵幹部がふがいない仲間達(敵幹部2人)に対して
「何故お前らは…」
と話をつけます
私は「何故お前らは」の後に続くセリフは自分のメモリーに記憶出来ずしかもDVDを見ないとハッキリと言えないのですが「何故お前らは」というセリフだけは印象的で今の尚自分の脳裏に焼きついています
東映アニメーションやプリキュアの脚本の担当者には「何故…」の後に続くセリフのウケが良かったと思えます
さらに「何故…」の後に続くような何故の位置を並び替えてセリフは私がチャンピオンに3年半連載されたいたギャンブルフィッシュという作品のブラックジャック編が元ネタになっています
主人公はギャンブルフィッシュの本編の開始当初は中2の男子学園生
エリートマジシャンはギャンブルフィッシュの本編の開始当初は下級生の女子学園生です
主人公はエリートマジシャンを相手に前者が敗戦賭博士(いわゆる負け犬同然のギャンブラー)になった場合最低限60万円と退学処分の阻止をかけたブラックジャック勝負をしています
で、エリートマジシャンは今現在使用している残りカードが8枚になるとカードを裏向きにしている状態で横一列に並べる変則ブラックジャック勝負でエリートマジシャンの方が(ギャンブルファイトにおける)運(の良さ)でもギャンブルフィッシュの主人公より勝るということを証明すべく勝負を仕掛けます
それでもギャンブルフィッシュの主人公はまだ明らかになっていないカードの数字をすべて把握しているかのごとく言葉にします
それを聞いて安心したとエリートマジシャンは自らの手によって2枚で19となるようカードをドローします
続け様に主人公に対してはひとまず10のカードをドローして勝負を進めます
これで残り5枚のカードは7が2枚とAとJと8が1枚ずつになります
つまりAかJを引き当てれば主人公の勝利でチップがゼロになることを阻止ることが出来ます
逆に主人公が8か7のカードを引き当ててしまうと彼のチップがゼロになることから完全勝利を確信するのもエリートマジシャンです
主人公の勝率は5分の2でももはや負け犬になることが決まり切っている対戦相手には申し分ないチャンスだろうと1人自分の世界に入り込んでいるかのようにつぶやきます
それを見兼ねたギャンブルフィッシュの舞台となっている学園の舎監(エーリアン顔の男性教師)がエリートマジシャンに対して
「白鷺(しらさぎ、ギャンブルフィッシュの主人公)にカードを引かせる機会を何故与える」
と首をかしげながら忠告します
一番最初に見た時か何度も見返してかどうかまでは憶えていませんが自分でも知らない間にこのセリフに対して面白みを感じるようになりました
だから自分の自作小説に“何故”という言葉を先頭に持って来るセリフを交えたかった
というワケでギャンブルフィッシュの舞台の学園の高等部限定のOGであるオリキャラがちとせが顔のイメージキャラである美少女オリキャラに対して
「何故樹村 菜摘(きむら なつみ)に塩を送る」
というセリフを交えました
ちなみに樹村 菜摘はギャンブルフィッシュの本編では第4話に初登場し断続的ながら最終回まで登場するピンクヘアーのツインテールかわい娘ちゃんキャラクターです!!
T・Kギャンブルフィッシュというギャンブルフィッシュを元ネタにした自作小説では菜摘は第2の主役として第1話から毎回のように登場する私の恩師でもあります!!
ちなみにT・Kギャンブルフィッシュの第1の主役はちとせが顔のイメージキャラである美少女オリキャラであるオリキャラと本作の途中から最終回まで断続的ながら登場するかわい娘ちゃんキャラクターがセットのメインキャラと物語る自作小説です!!!
ちなみに「何故樹村 菜摘に塩を送る」というセリフは東映アニメーションやプリキュア担当の脚本家にはウケが良かったと思えるので
「何故お前らは」
というセリフが全国の視聴者に知らせるようになったのでしょう
で、本編では右京にとってエンジェル隊は総合的な先入観の下で嫌いでも
「(前略)ヴァニラ大先輩だけは認めて下さい!!」
とエンジェル隊は7人もいらないというテーマは賛成であってもヴァニラだけはスペシャルだから認めて欲しいといわんばかりに主張します
このセリフの元ネタは私が日本の高校野球の特定の学校の応援掲示板を見た時のことでした
埼玉県の学校で県内はもちろん関東地方までは天下無双といえるほどの強豪という有力校がセンバツ(春休みに開催される甲子園)で優勝経験のあって知名度が全国レベルの有力校と2011年の神宮(高校野球と大学野球がセットで開催される全国大会)の2回戦で対戦します
埼玉県の学校と対戦するのは名古屋にある愛知工大名電
略して愛工大名電です!!
試合は愛工大名電が7回にて埼玉の学校を相手に同点に追いつき(1-1)尚も盗塁でチャンスを迎えたという場面で地方大会までは絶対のストッパーとして全戦全勝には必要不可欠だったピッチャーにスイッチ
いわゆるピッチャーのチェンジを行いました
これが埼玉の学校にとっては大誤算で結果的にはおみくじでいう大凶と出てしまいます
結局埼玉の学校は1-8で敗戦を喫しました
しかも埼玉の学校の掲示板は速報中から掲示板が荒れ始め管理人も応急処置の一環として承認モードにせざるをえないほど荒れました
そういう中でも(愛工大)名電がバントをするところだけは名古屋市民だけど見ていてイライラするし同校が(執拗に)バントをすることだけは正々堂々と戦うスポーツマンシップに反するという投稿者が現れてましたが管理人は承認して掲載しました
その理由はでもこの学校の(当時の)エースだけは(スペシャルなので)認めて下さい
と付け加えていたからです
私はこの学校のエースだけはスペシャルなので認めて下さいという投稿文が心に残る感じがしました
だから右京がいくらエンジェル隊のことは嫌いでもヴァニラ大先輩だけはちとせ抜きのエンジェル隊の中でもスペシャルなので認めて下さいと訴えるようなセリフを交えました
で、再びエンジェルルームへとルポを戻します
アニメの3期以降エンジェル隊の3バカといえるメンバーズで
右京の手料理が美味いのは認めるけどミルフィーユの足元にも及ばないってな感じで嘆く隊員が2人います
さらにはその2人の意見に賛同するかのように
右京が料理上手なことは認めるけど河原町家の食事係の一軍とは肩書きだけでレベルが伴わないほど低い
ってな感じで解説するように理由を後付するメンバーもいます
もっとも彼女が実際に味見にした右京以外の河原町家の食事係の一軍の係員の手料理が1人で作り上げたものは右京よりもっとすごい味がしてあの右京をはるかに上回るくらい美味かった
ってな感じで右京と同じ河原町家の食事係の一軍の係員であっても逆立ちしたって叶わないほど比べ物にならないくらいすごかったということを物語らせるセリフです
このセリフの元ネタはT・Kギャンブルフィッシュの第2話にてT・Kギャンブルフィッシュの主役達によるギャンブルファイトの最中でT・Kギャンブルフィッシュの第1の主役である美少女オリキャラが
「アレで見たこの先輩はもっとすごかったのに」
ってな感じで言い出したのが始まりだと思えます
T・Kギャンブルフィッシュの主役達は立会人が5つのダイスを振って1つの出目につき1回だけ使用するカタチで加減乗除(+-×÷)と累乗計算で“素数”を作っていくというダイスゲームをしています
素数とは2から始まって2006年現在までに発見された最大の素数でも2の3000万余りの累乗でそこからー1というほど莫大な整数です
タダこのゲームは変則ルールで菜摘にとってはその2つまでの条件で素数を作ることに1回でも成功した場合結果は敗戦ギャンブラーであっても実力を十二分に認められるという実力テストです!!
でも試合はT・Kギャンブルフィッシュの第1の主役であるオリキャラが全戦連勝続き
あと3回ペナルティー通りに事を行うと菜摘の全戦全敗ギャンブラーが決まっている状態まで追い込まれ彼女もペナルティー通りに事を行うことを初めてタメらってしまいます
それを見兼ねたT・Kギャンブルフィッシュの第1の主役であるオリキャラは
「チャンピオンで見た菜摘先輩はもっとすごかったのに」
と異世界の菜摘の話を引き合いに出します
もっともT・Kギャンブルフィッシュに登場する菜摘は物語り開始前から勝利は手放しながらも一度は形勢逆転したという力の持ち主でもあったという真実が継承されています
それを見て菜摘も
「異世界で見た自分がこの対決での自分よりもっとすごかった?」
というセリフに対して最初は疑問めきます
それでもT・Kギャンブルフィッシュの主役は異世界の菜摘はもっとすごかった理由を淡々と振り返ります
それを見てT・Kギャンブルフィッシュに登場する菜摘も
「そういえばそうだったわね」
って感じで納得します
つまり異世界で見た相手はもっとすごかったってな感じで物語らせる言葉は日本の高校野球の雑誌にも特集されるようにあったと思えます
それは甲子園で大活躍した怪物クラスの選手と対戦した時の選手の談話が何年か前の夏の甲子園の出場校を特集する雑誌にいちコーナーとして特集されました
中でも1998年の夏の甲子園の決勝でノーヒットノーランを達成した松坂より一足先にその大記録を達成したピッチャーが当時から50年以上前に存在したと報じられました
ちなみにあの松坂の時より一足先に夏の甲子園の決勝でノーヒットノーランを達成したピッチャーというのはあの大会の準決勝と2試合連続でノーヒットノーランを達成した嶋です!!
嶋と予選で毎回の大会のように対戦したのが高校野球の雑誌で特集された時には誕生日が9回大台に乗っているほどの人生の大先輩といえる西本さんでした
西本さんは旧制の…それこそ戦前の高校野球の経験者ともいえるほどの人生の大先輩でした
当時はちょっと前まで甲子園の常連校で4番を任されるほどの西本さんでしたが同い年である嶋(のリリースしたボールだけ)はサッパリ打てん!!と舌を巻きました
ちなみに私個人としては常連校の4番だけど嶋のボールだけはサッパリ打てん!!と舌を巻くほどでした
で、西本さんに甲子園での嶋の映像を見せた時のことです
何をとっても絶好調の時の嶋とはかけ離れている
疲れているんじゃないかと
それでも疲れもある中で2試合も連日連投でノーヒットノーランを達成するくらいの大投手だから当時は天敵ながらアッパレと西本さんは嶋をホメたたえました
タダ西本さん自身が生で毎回のように見て来た時の嶋のフォームは甲子園で疲れている時の嶋より何をとっても断然すごかったと解説します
やっぱりどこの馬の骨ともわからないような存在の作った架空の世界の話でもコンディションなどが悪い時のこの人はこんなに悪くても自分の目で何度も何度も見て来たこの人の姿はもっとすごかったと物語るような文章は特集されたりするんかなと思いました
で、ここからは遂に右京もエンジェルルームに姿を現します
右京はエンジェル隊のメンバーの中で自分自身が1番嫌いなメンバーに対して
「貴様は私のことが大好きでも私は貴様がエンジェル隊の中で1番大ッ嫌いだ」
ってな感じで言い放ちます
これはチャンピオンに連載されていたラーメン作りの作品でどこかの位置のキャラクターが主人公に対して
「オレはお前が大ッ嫌いだ」
というセリフが印象的だったのでモジってセリフとして交えました
で、本編では右京とヴァニラが2人だけの秘密話をする展開になります
ここであなた様の足掛け何日かの疑問が解けるはずです
本編を見れば
で、話は続き回想のような話で
「結果は完封負けに終わりましたが(ランナーを出しての)ノーヒットノーランだけは阻止しました」
と実況がアナウンスすることがあります
それは私が高3の時の夏の甲子園でした
私の同い年の甲子園出場エースが甲子園で優勝経験もある有名校を9回のワンアウトまでノーヒットノーランに抑える大快投を演じました
しかしそこから初ヒットを許すも終わってみれば1安打完封勝利でした
その際実況は試合終了後甲子園で優勝経験もある有名校の打線について
「結果は完封負けでもノーヒットノーランだけは阻止しました」
ってな感じでアナウンスした言葉が印象的だったので生かしてセリフとして交えました
で、右京とヴァニラによる1対1での対話は終了し今度右京はちとせと対話しようとします
その際ちとせはこの話の最後のセリフの一部で
「楽しみですぅ~ワクワクしますぅ~」
とひとまず期待を膨らませます
楽しみです、ワクワクしますはハンカチ王子が最後の夏にて有終の美を飾った甲子園でのことでした
智弁和歌山が日本では最南端の高校ながら甲子園での勝利も積み重ねた沖縄の学校から勝利を挙げて準々決勝に進出します
その勝利直後のインタビューでアナウンサーから
「準々決勝の対戦相手は東東京代表の帝京です」
と告げられます
それに対して智弁和歌山の監督は
「楽しみです、ワクワクします」
と返事を返しました
この返事が印象的だったのでちとせが
「楽しみですぅ~、ワクワクしますぅ~」
というモジってセリフを交えました
そしてちとせもラストは
「私も期待しています」
と締めくくります
これは私がマガジンの高校野球漫画の作者にファンレターを通じて言いたかった言葉です!!
それもその作品の主人公が高1の時の夏に甲子園出場を決めた場合限定で
タダその夢は完全に叶いませんでしたが
「私も期待しています」
という言葉を妄想することは我ながら面白いです
だからちとせがそのまま生かしてセリフとして交えました
そんなこんなでこのコーナーを見た際は空理空論のホームページを確認の意味で閲覧しては本当に正統派大和撫子いとこンニャクの第12話を見た時の感想をこのコーナーに書いてくれたらと思います
最後に海外在住ながらGAファンでもある正義の味方さんは良いお年を

Re: 自作小説を例のサイトにて昨日から今日にかけての頃に作成して投稿完了

お疲れ様でした。

今回は長いですねw
野球の知識がないの自分ですが
試合のイメージ淡々見えます。
恐らく野球知ってる方はもっと面白くで読むことできる。

後半ちとせがアニメ版に変わってしました?
そう感じました、すみません。
最初はアニメ式の内容でゲーム版ちとせと言いますが、
自分知ったのは
上品で、凛として、大和撫子+少しボケな設定ですね。
失礼ですが、作品中感じたのはちょっと子供っぽく、わかまま、
アニメちとせをエンジェル隊嫌いを削除のみ。
もちろん恐らく自分がちとせファンの拘りがもしれません。

他のキャラは安定なイメージです、
右京も最初から最後まで明晰なイメージ、
ここはGJです。


今回後半止まりが少ない?
連続で見ると、消化難いですよ。
一段落な時ちょっと空いた方がいいよ。

多分自分真面目方向に見ました、
おまけに野球知識持ってないので、
今回はホントに大した感想を思いつかないです、
すみませんでした。

上はあくまで自分の意見で、この作品の愛は大きく感じるよ。

例のサイトに自作小説を投稿初め

空理空論のホームページに正統派大和撫子いとこンニャクの第13話を投稿しました
今年の投稿初めです
ちなみに準エンジェル隊の名前の由来は全員甲子園に出場経験のある学校で私個人としては気に入っている校歌のフレーズから決まりました
話は変わりますがこのコーナーに感想などが聞けることを楽しみにしています

Re: 例のサイトに自作小説を投稿初め

今回も見ました、ここで終わるとは…次回お楽しみですか。

最初のイメージは大正●球娘です、でもオリキャラの外見をもっと書くべきです、
髪型、目付き、現在着てる服は?見た目は優しい?ギャル系?
読者は作者自身のイメージ像見えませんですから、
読者をそのイメージを見えるように。

同じく、今回も一気に読めないと行けないです。
前も言いましたが、例え面接終了とエンジェル隊に電話するの間を空いて
読者をシーンとシーンの間を休憩しできるし、前のシーンは終わる、
今から次のシーンの始まりの意味です。

例のサイトに自作小説を投稿

空理空論のホームページに正統派大和撫子いとこンニャクの第14話を投稿しました!!
あなた様が見た後はこのコーナーに感想がアップされることを心から楽しみにしています
あとご指摘があった準エンジェル隊の髪型も全員今回の話で解説していますよ

コメ返

先ずはあくまで自分の意見です、気楽で見ると助かります。

今回のイメージは序です。
人間関係はちょっと見えませんですね、
この前はエンジェル隊各自のシナリオ、
みんなの関係は実は書いてないです。
口でイジメでない、関係がいい、
エンジェル隊の関係は実は良かったですか?
これは実は普通の対話中でその人間関係を見えます、
だから気付かないと読者が勘違いしまう。

今回をみると、ちとせと後補生たちは部外者、
エンジェル隊はバラバラ
ちとせと後補生たち仲良し点
最初から名前で読む、でも動きにはちとせを憧れ、
昔いの仲いいの後輩みたい
後補生とエンジェル隊はもっと硬いがいい。
仲良しするのも大事な過程です

ランファとフォルテの野球部結成の返事はちょっと…好感度下がるね
最初から見ると、ランファとミントはただわさと合わない、
何でアタシはちとせの気まくれに乗れないとダメなの?
↑こう思いまいした
これで読む方が“コイツら仲悪いか?”
元々右京心配のように、ちとせはエンジェル隊のみんなと仲悪いじゃない?

もしこんな風に…
ランファ:嫌よ…
ちとせ:え?…そう…ですか。
ランファ:あ…い、いや!ほら、泥だらけし、カッコイイ男がないのは嫌よ。
(ランファの性格で考える前に言ってしまた、あとはツンテレと仲間への気遣う)
フォルテ:結成した自然にモテるんだろ?アタシは別にいいですよ。
(フォルテはここで大人風に収まるように)
ランファ:…もう…け、結成するといいわよ
それにランファは勝負屋さん、体能+試合な物は好きし、
ここはミントの役がいいと思う、お嬢様ですね

っと今回のメインはチームの結成と役割と思う、
でも結成は重すぎで、役割の過程は軽い過ぎ
例えば何でちとせはピッチャーなの?イメージはランファですが、
何がの原因でランファよりちとせがいいを作らないと、ランファは高速球トップですが、それのみです、
ちとせは他の変化球がいい、こんな感じで?
他のポジションはあんまり詳しくないですが、すみません。
何でこんな役割なの?

もしもっと役割の過程を書くともっと面白いと思うよ。

ここは自分が脚本の考える方法ですが、
描きたいシーンを考えてメインにし、これを発生できるの過程を考える。
キャラの表現は自分に代入し、自分がそのキャラの性格になって演出する
これでキャラの動きが不自然がないと思う。
例えば、自分をランファに代入し、こんな空気でみんなの前で“嫌”と言えます?
“嫌”と言えました、ちとせ落ち込むを見て、何も思わない?

以上はあくまで自分の意見です。

自作小説を例のサイトに投稿

正統派大和撫子いとこンニャクの第15話を空理空論のホームページに投稿しました
(ギャラクシーエンジェルのアニメの第)4期の生かしてセリフもあります
で、次回はエンジェル隊の野球部VS河原町家の野球部の練習試合です!!
ちなみに1期であったエンジェル隊VS宇宙海兵隊は0-100でエンジェル隊が100点差を追う展開だが…
という話でした
でも今回は100点差の何倍もの点差をエンジェル隊が追いかけることになって…
という話に次回はしたいと思っています
そんなこんなでこのコーナーに正統派大和撫子いとこンニャクの第15話の感想がアップされることを楽しみにしています

Re: 自作小説を例のサイトに投稿

今回も楽しく見せていただいました。

読み終わる感想ですね、
見てる途中に終わる?

今の流れは
圧勝したチーム>チームに問題があった>
ランファの問題>気絶>ミルフィーの問題>コメントに運をいわない>解決?

ミルフィーの問題の重さがランファの問題言う前に話すとは
イメージ別です。

メインの問題はランファですよね…多分
彼女の問題はまだ解決していない
もしミルフィーの前に言うと、
あとで言うランファの問題の重要性が上がることができます。

ミルフィーのはコメントの問題で(小問題)、逆でランファの問題
“勝てっこないケンカでも買って出る”(大問題)
こんな風に対照風に書くことできる

メインにミルフィーの論点は興味深いです、
努力してでも負けな方の前に、勝者は自分の運がいい
このポイントが好きです。
ミルフィー的には必ずあるなイベント、
解決法は思わず考えましたが、実はそれはミルフィーの実力、運じゃない?
ただミルフィー元々運がいい、
だからミルフィーは自分の実力じゃないと勘違った?

コメントで運が言わないでいいのみ解決、
これのみの解決方法はすこし軽い過ぎじゃない?
他なメンバーの目線で見て右京は大袈裟に言う。
負けたチームにマナー的な問題があって、
明確でコメントの問題がチームに何の影響あるの?
もうちょっと説明が欲しいです。

でも実はランファの問題、
自分もあんまり詳しくないです、ごめんなさい

自作小説をシルフェニアに再投稿

正統派大和撫子いとこンニャクの第1話をシルフェニアに再投稿しました!!
空理空論のホームページでは私の自作小説まで禅話削除され挙句の果てには休止になったのでシルフェニアに再投稿しました
話は変わりますが岡山市東区のローソン(コンビニ)の近くには“ちとせ保育園”という施設がありました

Re: 自作小説をシルフェニアに再投稿

大きく進歩しましたね、なかなかいいはじまりです。

主線も前より明確的、この段階で続きちとせと右京さんの関係、
右京とヴァニラの展開、右京の目的の果て、それとエンジェル隊それそれの対応それらもなかなか期待しますね

次回作は期待します

>ちとせ保育園
もしちとせが保育士になると…俺即転職!!ww

自作小説をシルフェニアに再投稿

シルフェニアに正統派大和撫子いとこンニャクの第2話を再投稿しました

Re: 自作小説をシルフェニアに再投稿

ちとせの始末書、ちとせらしくいいですねw

やはり段落が欲しいですね、一気に読むなような気がする。

移動するとき、いったん止めで、読者にシーンの変換に示すですね。
もし段落がないと文章は“、”のみで作ってるような…

自作小説をシルフェニアに再投稿

正統派大和撫子いとこンニャクの第3話をシルフェニアに再投稿しました

Re: 自作小説をシルフェニアに再投稿

コメ返遅れてすみません、再び見ました始末書の処に少し違和感が…
今のを見て自分が見たシーンは作者自身書きたいなシーンと同じとは言い切れません、
フォルテは自分からちとせに話をかけるの、それともちとせはフォルテを気付き、ちとせから話をかけるの?

それと
「…」
ミルフィーが疑問で言った
「…」
ランファが残念で言った
このパターンが多いみたい
その中に動きを加えるといいと思います

例えば

口笛吹いてるなフォルテはいつもの時間でエンジェルルームに到着した
案の定、エンジェル隊のメンバーたちはいつものように揃ってる
(ここは特別な服装が、髪型もないし、新キャラみたいに詳しく書かわなくでいいです)
だかよく見って、皆さんはいつものお茶会じゃない、逆に黙々とレポートのようなモノを書いてる
気になったフォルテは一番余裕そうなちとせに近くて、こう訊く
「どうしたちとせ、レポートかい?」
「あ、フォルテ先輩、こんにちは。皆さんはここで姉さん…右京お姉さんのことで始末書を書いてるの」
これを聞いてよくわからないな顔をしてるなフォルテを見て、ちとせは改で説明しました
ーーー前回の続きからーーー

こんな風に現場の雰囲気を再現し、
第一者目線には主人公から見たな景色、人物の動き、主観的な気持ち
(e.g.フォルテから見てちとせは一番余裕、フォルテから見てお茶会じゃないのは不自然)
逆に第三者目線(この小説の第一話?)、これはハッキリ説明しないと良くない
(e.g.フォルテ到着後、皆はお茶会じゃない、レポートを書いてる、フォルテはこれを見て不思議と思う、そうなフォルテはメンバーの中に一番真面目なちとせに話しかける)

こんな風にですね、もちろん同じくあくまで自分の意見です。
自分の日本語じゃ上手く書きませんが、ご了承ください

自作小説をシルフェニアに再投稿

私の自作小説・正統派大和撫子いとこンニャクの第4話をシルフェニアに再投稿しました

Re: 自作小説をシルフェニアに再投稿

返事遅れですみません、小説見ました。

ケーキ食べたことないのは予想外な展開です、
熱血系な女性はあんまり見たことないが、右京さんは男っぽいですね。

背景の説明はもっと書いて欲しいですが、それとケーキ食べたの美味しいさをもっと説明が欲しい、
幸せな気分:
初恋の味?甘さの味?和菓子と比べないの味?
食べたの興奮…

そこは一番のメインだからもっと説明が欲しいと思う

自作小説をシルフェニアに投稿

正統派大和撫子いとこンニャクの第5話をシルフェニアに投稿しました

自作小説をシルフェニアに投稿

正統派大和撫子いとこンニャクの第6話をシルフェニアに投稿しました
ここで感想が聞けることを楽しみにしています

自作小説をシルフェニアに投稿して

私の自作小説・正統派大和撫子いとこンニャクの第7話をシルフェニアに投稿しました
ミントの同い年のいとこも私の予定より早く登場することになりました
というワケで私個人としては第7話をあなた様が見た時の感想をここで閲覧出来る時が楽しみなんですが…

Re: 自作小説をシルフェニアに投稿して

最近は原稿描く中なので、時間を開いた時は見ておきます。

Re: 自作小説をシルフェニアに投稿して

今回は長いですねw
明らかに進歩しました、意見とはわかりませんが、
自分が言うのはアレですが、時々別の類義語を使うのもありですよ。
もし似ってるシーンがあると、いつも同じな語彙使うと飽き性があるし、
「本」と「 書物」、「病気」と「やまい」みたいに、
眠いそう時は釣りしていると言うな感じ、
腹減った時は胃の虫が叫んてる…
これで趣味性を増やせますね。

あくまで意見です、自分の日本語も上手くないので、ご了承ください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://chitosenohaco.blog54.fc2.com/tb.php/206-24fa0bfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)